採用情報

劣化、腐食したサイディング壁を部分的に張り替え、サイディング壁の目地部を特殊な弾性ペースト材にてファブリックメッシュを伏せ込みます。
この作業により目地部分の防水、ひび割れ防止処理をいたします。

継ぎ目の処理後、下塗り(防水処理)を2回から3回壁面全体に塗布します。
この作業により壁面全体が透湿性のある防水下地となります。

下地処理後、中空バルーンを配合した断熱塗材をコテ塗りにて2回塗りします。
1回目施工で下地の凹凸を平滑にし、2回目施工にて仕上げで約7ミリ塗膜厚の要望に応じたテクスチャー(模様)を作ります。

コテ塗り作業後(模様塗り)砂状遮熱トップコートを2回塗りします。
砂状の仕上げ剤の為、ジョリパットの質感を損なうことなく塗壁特有の上質な仕上げとなります。

お問い合わせ

「あんしん塗替え」に
ご興味をお持ちいただいた方へ。